丁寧な製品づくり

お客様の信頼に応えるために、
ひとつひとつ想いを込めて。

カメヤの製品づくりで特徴的なのは、手作業で行う手順が多いこと。
原料の細かな汚れをひとつひとつ包丁でそぎ落としたり、素材をチェックしながら手で選り分けたりといった下ごしらえから、
原料を混ぜ合わせたり、煮炊きをしたりの食品加工、袋詰め・充填に至るまで、
最新の設備を取り入れながらも、人の手をかけて行う工程が数多くあります。
安全で美味しいものを皆様の食卓に届けるため、常に丁寧な製品づくりを心がけています。
今の時代だからこそ、手作業へのこだわり。
お客様に「美味しい」といっていただきたい。手に取った方に喜んでいただきたい。これはカメヤで働く全社員が共有する想いです。
素材をひとつひとつ手にとって下ごしらえする。目で確かめながら選り分ける。できる限り捨てる部分なく素材を使い切る。素材の持ち味を最大限に引き出す。機械を使いながらも、最終的には人の目と手で調整して仕上げていく。釡に投入するタイミングや、石臼での練り具合などは、やっぱり職人としての経験が頼り。ひとりひとりが自分の持ち場に誇りを持って製品づくりに当たっている。そういったことのひとつひとつが、カメヤ自慢の製品をつくり出しているといえます。
手づくりで行う工程が多いから、なおさら、衛生管理・品質管理には細心の注意が欠かせません。特に異物混入を避けるため、身だしなみや入室前のローラー掛け、作業用手袋の徹底管理、金属探知機の導入を行い、安心・安全な製品づくりを目指しています。また、毎回製造サンプルを3本ずつ保管し、お客様から味に対する質問があった際などに成分分析や検証を行っています。
平成台工場にある研究室では専任スタッフが、新商品の開発や試作サンプルの分析のほか、日々、製品の品質チェックを行っています。細菌検査・理化学検査・味覚による検査などを行い、安心で安全な安定した製品づくりを支えています。
美味しさの前提にある安心・安全の徹底。